4枚はぎ合わせのうわばき袋~実物大型紙のご紹介~

春らしいピンク系の布を4種類はぎ合わせて上履き袋を作りました。

画像


以前ご紹介した切替するけど型紙1つの実物大パターン。
この上布を3枚の布で切りかえるパターンです。

型紙は下布用と、上布用と2種類になります。

画像



型紙を大きくする方法や作り方については
前の記事を参考にしてください。
↓↓↓
☆うわばき袋☆~切替するけど型紙1つ実物大パターン~
☆うわばき袋☆~切替するけど型紙1つ実物大パターン~作り方編~

型紙下布用↓
*うわばき袋 下布 実物大型紙*

型紙上布用↓
*うわばき袋 上布切替パーツ 実物大型紙*

下布用の型紙には上布×2と記載していますが、
これを上布切替パーツで作るので下布1枚だけ裁断してください。

上布用の型紙でお好きな柄合わせで6枚生地を裁断してください。
裏布は表布を縫い合わせてから裁断します。

裁断画像を消去しちゃってない~

上布を3枚ずつ、1cm縫い代でつなぎ合わせて、
縫い代を片側に倒し、表からステッチしたら
上布2枚が出来上ります。


画像



あとは、以前ご紹介した手順で作ります。

今回は上布に使用した3種類の生地は
薄手だったので、つなぎ合わせる前に、
裏に接着芯を貼りました。

ハギレサイズでもできるので
オリジナルデザインのうわばき袋を作ってみてくださいね(*^-^*)


↓ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村


三角マチを最初にカットするときに使える型紙(3~9cm)作りました。

先日ご紹介した、うわばき袋やレッスンバッグ。

マチを作る際、
裁断時にあらかじめ、底の角の部分をカットする方法で作りました。

本や市販の型紙でも、よくでてくる方法ですが、
その都度、測るのがめんどうだったり、
自分で好きなマチにしたいな~という時に、
便利かなあと思いまして。

3~9cm(1cmきざみ)で、
素人CADで型紙を作ってみました。

うわばき袋や、レッスンバッグのところにも使い方はのせてますが、
作り方に埋もれて、さらっと説明してるので
こちらでも改めてご紹介

布がころころ変わります
ごめんなさいね。。。

画像



*マチ型紙(3~9cm・1cmきざみ)*


よく使うのであれば、厚紙に貼ってから切ると
長持ちするかと思います


使い方は底が『わ』のときと、縫い合わせるときとでちがいます。
縫い代は1cmと想定して作っています。

3cmとかまだ試作してないので、
もしかしたら、カットする部分が小さいので
使いにくいかもしれません。
後日、試作したらまたお知らせします。


<底が『わ』のとき>

画像


写真のように型紙の『底が、わのとき』という線を
布の底の『わ』に合わせておきます。
脇は布端と合わせておきます。

角の小さい四角に印をつけ、カットします。

反対側は型紙の向きが逆になりますが、
縫い代線を目安に型紙をおきます。

画像


カットして広げるとこんな感じ。

画像




<底が『わ』ではなくて2枚を縫い合わせるとき>

底はまだ縫い合わせてない状態です。

画像


このように型紙の端を布端に合わせて、
小さい四角に印をつけてカット。

2枚の両角をカットしたら、点線部分の底だけ縫います。


画像


縫い代をわってください。

画像


これで底が『わ』でも、縫い合わせる場合でも
同じような形になります。


あとは脇を縫ったあと、マチの部分を縫います。

画像


このように脇の線と底の線が合うように折りなおし、
マチを作り、ミシン。

画像



マチの出来上り。

裏布がある場合、表布と裏布のマチを
縫い代内で縫いとめると、
返したあと裏布が中でもたつくことがありません。

画像



画像


両サイドをとめるとこんなへんてこな形になりますが、

画像


返し口から返したら、ちゃんとなってますので、
安心してください

画像


画像



布がころころ変わって、ほんとすみません~


うまくできるといいんですが・・・

なるほど~って思ってもらえたら、
最後にひと手間、ポチっとランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

☆大きめレッスンバッグの作り方☆~チラシで作る簡単型紙・縫製編~

~チラシで作る簡単型紙~大きめレッスンバッグの作り方
前回までの記事はこちら
↓↓↓
出来上がり紹介編
型紙作成・裁断編


では本体の表布と持ち手の裁断ができたところから。

画像



下布が中央にくるように表布を中表に重ねて
1cmミシン。

画像


これはビニコなのでアイロンをかけられないのですが、
普通の布は縫い代を下に向けて、アイロン。
表からステッチ。もしくはリボンやレースを重ねてステッチ。
タグもつける場合はここでつけてください。

画像


裏布を裁断します。
裏布の型紙は作ってないので、表布をおいて印をつけていきます。

表布は底が、『わ』ですから、裏布も底が『わ』でとれれば同じ大きさに。
2枚にわけて、裁断する場合は底に1cmの縫い代をつけて裁断します。
方眼定規があれば楽なんですが。。。
ない場合、ここがちょっとめんどくさくてすみません。

画像


今回は底が『わ』でとれなかったので、
裏布は底1cm大きく裁断しました。
(写真、わかりにくくてスミマセン。。。)

画像


マチを切り取ります。

お好みのマチ(今回は9cmマチ)の型紙で
マチに印をつけてカット。

*マチ型紙*

表布は底が『わ』なのでこうおきます。

画像


反対側も同じように。

画像


裏布が2枚はぎ合わせた場合はこうおきます。

画像


裏布の底を1cm縫い代でミシン。
縫い代は開いて、アイロン。

画像


表布と裏布、同じ形になりましたか?

裏布にお名前テープを縫うときはここで。

持ち手を縫います。
両側の長辺を中央で合わせるように折り、さらに半分におって
まわりをミシン。

画像



表布につけます。

持ち手を中央から6cm外側の位置に
本体布より5mmだして縫います。写真のようにおき
縫い代内に仮縫い。

画像



裏側の短い持ち手、
今回は2cm巾(24cm)テープを使用してます。

表の持ち手と重ならないように
中央から6cmの位置から内側にはいったところにおきます。
持ち手の縫い代は布より5mmほどだしてください。
 (また、持ち手の型紙で短い持ち手を作った方は
 本縫い後に表にでる分が21cmになるように
 調節してください)

画像


このように表布と裏布を重ねたときに
それぞれの持ち手が重ならないように。

画像



表布と裏布を中表に重ね口側を1cmミシン。
縫い代はわります。
表からみるとこうなってます。

画像


筒になった状態を、表布同士、裏布同士が重なるように
たたみなおして、脇を1cmミシン。
このとき裏布の脇の1か所に返し口12cmほどあけて下さい。
(ビニコのときは15cm程あけた方が
スムーズに返せます。)

画像


マチを4か所縫います。

画像



表布と裏布のマチを縫い代内でミシンでとめます。

画像


画像


するとへんてこな形になりますが、返したとき
裏布が中でもたつくのをふせいでくれます。

画像


表に返して、口側を2mm程度でステッチ。
長い持ち手は上にむけ、
短い持ち手は下にさげてステッチします。

画像


完成♪

画像


画像


画像


駆け足で説明してしまったので、
わからないことがあったら、
普通サイズのレッスンバッグの作り方もご参照ください。
それでも不明な点がありましたら、コメント欄にお願いします。

普通サイズレッスンバッグの作り方


↓ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

使用した生地はこちら



 

☆大きめレッスンバッグの作り方☆~チラシで作る簡単型紙・型紙作成・裁断編~

大きめレッスンバッグの出来上がりイメージはこちら
↓↓↓
☆大きめレッスンバッグの作り方☆~チラシで作る簡単型紙・出来上がり紹介編~

画像



では新聞折り込みチラシ(大きめの)で作る簡単型紙の作り方のご紹介。

2つ折りの大きめのチラシを準備。

画像


半分に折っておきます。

画像



上図のようにチラシを切ります。
数字が読みにくくてごめんなさい

25cm角の正方形と10cm×25cmの長方形を作っていきます。
わを利用するのでわの方から25cmの位置でカットします。

どんな順番で切ってもいいですが、
私は10cmでまず切って、長さを25cmに。

画像


その25cmを使って、残りの25cmを測り、カットしました。

画像


25cm角の正方形と10cm×25cmの長方形。

画像



広げると、25×50cm、10×50cm。

画像


大きい型紙で本体の上布2枚、下布1枚。
小さい型紙で持ち手2枚裁断します。
(持ち手を布の縦地を型紙の長い方に合わせてとってください。)


画像


いつもながらおしゃれ生活と程遠い庶民的裁断風景。。。


画像


裏布は表布つなげたあと、そのサイズに合わせて裁断します。

短い持ち手は、今回は市販の2cm巾テープを24cm使用したのですが、
生地から作るかたは、持ち手と同じ型紙を折ったりして
8cm巾×24cmで裁断してください。
(10cm巾×25cmでもいいかなとも思います。
 このとき持ち手巾は2.5cmになり、
 持ち手をつける際に、縫ったときに21cmになるように
 持ち手の縫い代2cmにしてください)


あとは、普通サイズのレッスンバッグと作り方は一緒なんですが、
短い持ち手もあるので、また後日作り方を説明しますね。

あ、いろんなマチの型紙を作ったのでこちらもよければ
ご利用下さい。

*マチ型紙(3~9cm)*

使い方は、普通サイズのレッスンバッグを参照してください。
↓↓↓
☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙~裁断編(アバウトでいい人限定)


↓参考になった~と思ってもらえたら、最後にポチっと、ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

 使用した生地はこちらのラミネート。




 

☆大きめレッスンバッグの作り方☆~チラシで作る簡単型紙・出来上がり紹介編~

4月から4年生の長女用に大きめのレッスンバッグを作りました。

画像


新1年生の次女向けに作ったのと比べると、こんな感じ。

画像



出来上がりサイズは

横48cm、縦34.5(9cmのマチを差し引くと30cm)
持ち手は全長で47cm

132cmの長女が持つとこんな感じです。

画像


(笑顔でピースしてくれたけど、顔切りますけどね。
おしゃれに写真をとる場所がないのが悩み・・・)


画像


手でさげると、ギリギリ床につかないくらいです。
(肝心の床が写ってなかった・・・)


画像


机の横にかけても、床につかないように
内側に短い持ち手をつけてます。
(中にいれてるのはお道具箱)

画像


この持ち手でさげると
普通サイズのレッスンバッグと同じ位の高さになってます。


このレッスンバッグの型紙も、
新聞の折り込みチラシ(大きい版)で簡単に作ってみました。

(普通サイズのレッスンバッグの記事はこちらから
☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙(アバウトでいい人限定)~

これくらいのサイズだと、ほんとしっかり長方形に線を引くのって
なかなかムズカシイ・・・(と思ってるのは私だけ?)

チラシを使うと、測るサイズはなんと10cmと25cmだけ。
これで、切替あり(裏布つきタイプ)の大きめレッスンバッグができます。

出来上りの紹介で長くなってしまったので、
型紙作成以降は、次の記事でご紹介しますね。

しばしお待ちを・・・

↓ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

使用した生地はこちらのラミネート。



入園入学グッズ手作り応援企画☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙~縫製編(アバウトでいい人限定)

チラシで作る型紙でレッスンバッグ縫製編です。

(なんかタイトルがいまいちまとめられず毎回バラバラ

前回までの記事はこちら
↓↓↓
☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙(アバウトでいい人限定)~

☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙~裁断編(アバウトでいい人限定)

それでは縫製してきましょ。

あ、裏布にお名前テープを縫い付けるときはつけて~


持ち手の長辺の両端を中央で合わせるように折り、
さらに半分に折り、2.5cmの持ち手を作ります。
端から2mm位をステッチ。

画像


(途中を写真撮り忘れました。
よくわからない方は、体操袋の記事を見てください)

表布の口側の中央から両端へ6cmの位置に持ち手を
写真のようにおき、縫い代内に仮止め。
持ち手は本体より5mm位だしたほうが
返したとき、落ち着くかと思います。

画像


数字が読みにくかったですね。
6cm×2で12cmあいてます。


表布と裏布を中表に重ね、口側のみミシン。

画像


写真はわかりやすようにめくってます。
逆側、切れててスミマセン。。。


表布同士、裏布の同士が重なるようにたたみなおして、
縫い代をアイロンでわります。

(ビニコで作る方は爪アイロンで)

両脇を表布、裏布続けてミシン。
裏布の1か所は10cm位の返し口をあけます。
(ビニコの場合、私は12cm位あけてます。)

画像


で、縫い代を割っておきます。

4か所のマチをこのように折り、ミシン。

画像


裁断のときカットしておくと、
ここで定規ではかる必要がなくなります。
カットしなかった場合は三角におり、
5cmマチになるようにミシン。

次のひと手間はしなくてもよいですが、
返したときの裏布のもたつきがなくなります。

表布と裏布のマチの縫い代をそろえてとめます。

画像


画像


両端のマチをとめるとこんなへんてこな形に。

画像


返しにくくはなりますが、ちゃんと返るので
安心してください

画像


表に返して、アイロンして口を2mm位でステッチ。
返し口を綴じて出来上がり

おつかれさまでした~

相変わらず、説明下手で、わかりにくかったかと思いますが、
ご参考になったでしょうか?

かわいいバッグができますように
わからないことがありましたら、コメント欄にお願いします。


↓参考になったと思ったら、最後にひと手間ポチっとしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

使用生地はこちらのラミネートです。





















入園入学グッズ手作り応援企画☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙~裁断編(アバウトでいい人限定)

前回のチラシからのレッスンバッグの型紙作成に続き
今日は生地裁断の説明をします。

型紙の準備についての記事はこちら
↓↓↓
入園入学グッズ手作り応援企画☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙(アバウトでいい人限定)~

本体の型紙で上布2枚、下布1枚裁断します。
10cm巾の型紙で持ち手を2枚裁断します。
(長さはお好みに調整してみてください。)

画像


なんかおしゃれとは程遠い、庶民のかおり漂う裁断・・・


画像


今回表布はビニコを使用してます。
もちろん普通の生地でもOK。
裏布は後で裁断します。

画像


下布が中央にくるように上布と中表でミシン。
縫い代はすべて1cmで。

縫い代を下布側に倒して、表からステッチ。
今回は茶色のレースをのせてミシン。

タグをつける場合もここで。
(裏布付きなので、ジグザグミシンはしないです)

表布と同サイズに裏布を裁断します。

表布を半分におり、
裏布もわでとれる場合は同じサイズにチャコで印をつけて裁断。
今回わでとれなかったので、底から1cm縫い代をつけて
裁断。(ここちょっとめんどくさくてスミマセン

画像


裏布は1cm大きいです。これを2枚。

画像


次にマチをつける場合はマチの縫い代分をカットしておきます。
(この方が後で楽ですが、最後に三角に折ってマチを作っても構いません)

マチのカットは上履き袋の型紙についてる
5cmマチを使用します。

5cmマチ型紙

画像


わに折って、底の角の小さい四角で印をつけてカット。

逆はこんな感じに型紙をおいて。

画像


裏布はわでない場合はこのようにおいて印をつけてください。

両角をカットしたら、2枚を合わせて、底をミシン。

画像


縫い代をアイロンで割ったらこんな感じになります。

画像


表布と裏布おんなじ大きさになります。

画像


長くなってしまったので、
今回は生地裁断で一区切りします。

続きは↓↓↓

☆レッスンバッグ☆~チラシで作る型紙~縫製編(アバウトでいい人限定)




↓最後にポチっと、ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

使用生地はこちらのラミネートです。