三角マチを最初にカットするときに使える型紙(3~9cm)作りました。

先日ご紹介した、うわばき袋やレッスンバッグ。

マチを作る際、
裁断時にあらかじめ、底の角の部分をカットする方法で作りました。

本や市販の型紙でも、よくでてくる方法ですが、
その都度、測るのがめんどうだったり、
自分で好きなマチにしたいな~という時に、
便利かなあと思いまして。

3~9cm(1cmきざみ)で、
素人CADで型紙を作ってみました。

うわばき袋や、レッスンバッグのところにも使い方はのせてますが、
作り方に埋もれて、さらっと説明してるので
こちらでも改めてご紹介

布がころころ変わります
ごめんなさいね。。。

画像



*マチ型紙(3~9cm・1cmきざみ)*


よく使うのであれば、厚紙に貼ってから切ると
長持ちするかと思います


使い方は底が『わ』のときと、縫い合わせるときとでちがいます。
縫い代は1cmと想定して作っています。

3cmとかまだ試作してないので、
もしかしたら、カットする部分が小さいので
使いにくいかもしれません。
後日、試作したらまたお知らせします。


<底が『わ』のとき>

画像


写真のように型紙の『底が、わのとき』という線を
布の底の『わ』に合わせておきます。
脇は布端と合わせておきます。

角の小さい四角に印をつけ、カットします。

反対側は型紙の向きが逆になりますが、
縫い代線を目安に型紙をおきます。

画像


カットして広げるとこんな感じ。

画像




<底が『わ』ではなくて2枚を縫い合わせるとき>

底はまだ縫い合わせてない状態です。

画像


このように型紙の端を布端に合わせて、
小さい四角に印をつけてカット。

2枚の両角をカットしたら、点線部分の底だけ縫います。


画像


縫い代をわってください。

画像


これで底が『わ』でも、縫い合わせる場合でも
同じような形になります。


あとは脇を縫ったあと、マチの部分を縫います。

画像


このように脇の線と底の線が合うように折りなおし、
マチを作り、ミシン。

画像



マチの出来上り。

裏布がある場合、表布と裏布のマチを
縫い代内で縫いとめると、
返したあと裏布が中でもたつくことがありません。

画像



画像


両サイドをとめるとこんなへんてこな形になりますが、

画像


返し口から返したら、ちゃんとなってますので、
安心してください

画像


画像



布がころころ変わって、ほんとすみません~


うまくできるといいんですが・・・

なるほど~って思ってもらえたら、
最後にひと手間、ポチっとランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント