☆大きめレッスンバッグの作り方☆~チラシで作る簡単型紙・縫製編~

~チラシで作る簡単型紙~大きめレッスンバッグの作り方
前回までの記事はこちら
↓↓↓
出来上がり紹介編
型紙作成・裁断編


では本体の表布と持ち手の裁断ができたところから。

画像



下布が中央にくるように表布を中表に重ねて
1cmミシン。

画像


これはビニコなのでアイロンをかけられないのですが、
普通の布は縫い代を下に向けて、アイロン。
表からステッチ。もしくはリボンやレースを重ねてステッチ。
タグもつける場合はここでつけてください。

画像


裏布を裁断します。
裏布の型紙は作ってないので、表布をおいて印をつけていきます。

表布は底が、『わ』ですから、裏布も底が『わ』でとれれば同じ大きさに。
2枚にわけて、裁断する場合は底に1cmの縫い代をつけて裁断します。
方眼定規があれば楽なんですが。。。
ない場合、ここがちょっとめんどくさくてすみません。

画像


今回は底が『わ』でとれなかったので、
裏布は底1cm大きく裁断しました。
(写真、わかりにくくてスミマセン。。。)

画像


マチを切り取ります。

お好みのマチ(今回は9cmマチ)の型紙で
マチに印をつけてカット。

*マチ型紙*

表布は底が『わ』なのでこうおきます。

画像


反対側も同じように。

画像


裏布が2枚はぎ合わせた場合はこうおきます。

画像


裏布の底を1cm縫い代でミシン。
縫い代は開いて、アイロン。

画像


表布と裏布、同じ形になりましたか?

裏布にお名前テープを縫うときはここで。

持ち手を縫います。
両側の長辺を中央で合わせるように折り、さらに半分におって
まわりをミシン。

画像



表布につけます。

持ち手を中央から6cm外側の位置に
本体布より5mmだして縫います。写真のようにおき
縫い代内に仮縫い。

画像



裏側の短い持ち手、
今回は2cm巾(24cm)テープを使用してます。

表の持ち手と重ならないように
中央から6cmの位置から内側にはいったところにおきます。
持ち手の縫い代は布より5mmほどだしてください。
 (また、持ち手の型紙で短い持ち手を作った方は
 本縫い後に表にでる分が21cmになるように
 調節してください)

画像


このように表布と裏布を重ねたときに
それぞれの持ち手が重ならないように。

画像



表布と裏布を中表に重ね口側を1cmミシン。
縫い代はわります。
表からみるとこうなってます。

画像


筒になった状態を、表布同士、裏布同士が重なるように
たたみなおして、脇を1cmミシン。
このとき裏布の脇の1か所に返し口12cmほどあけて下さい。
(ビニコのときは15cm程あけた方が
スムーズに返せます。)

画像


マチを4か所縫います。

画像



表布と裏布のマチを縫い代内でミシンでとめます。

画像


画像


するとへんてこな形になりますが、返したとき
裏布が中でもたつくのをふせいでくれます。

画像


表に返して、口側を2mm程度でステッチ。
長い持ち手は上にむけ、
短い持ち手は下にさげてステッチします。

画像


完成♪

画像


画像


画像


駆け足で説明してしまったので、
わからないことがあったら、
普通サイズのレッスンバッグの作り方もご参照ください。
それでも不明な点がありましたら、コメント欄にお願いします。

普通サイズレッスンバッグの作り方


↓ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村

使用した生地はこちら



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント