アナ雪ハギレで、簡単アップリケの方法

アナ雪ハギレの活用法が続きます。

今回はアップリケの方法のご紹介


画像


画像



作品は何回かご紹介してますが、
自分の好きなデザインにできるところが楽しいですよね~


お友達数人から

「どうやってするの?」
「ロックミシンないとだめ?」

と聞かれましたが
普通ミシンで簡単にできます。
ていうかロックではできないです


だから見た目より敷居は低いとおもいます。


そしてこれはあくまでおだんごのやり方で
もっといい方法もあるかと思います
(それは私が知りたい・・・)


まず、アップリケですが、
このアナ雪布はオックス生地でハリがあるので
このまま使用してますが
薄手でハリのない生地は裏に、接着芯を貼ったほうが
仕上がりがきれいです。

アップリケ大に切ってしまう前に
裏に大きめに接着芯を貼ってから
切る方がおすすめ。

今回は省略してます。


画像



まず本体にアップリケしたい布をのせてバランスをみます。


今回は、定規をおいてるところが、縫い代とマチになるので
その分を考えて、この辺に。


本体全体に接着芯を貼ってる場合は
接着芯を貼ってから、このまま縫っていけばいいのですが、

今回は全体には貼らないので、
アップリケのつくとこらだけ薄手の接着芯を貼り付けます。
たくさん針さすからね、補強に。

で、アップリケのおいた位置からあまりずれないように
ひっくり返して、裏を上にしてアイロン台へ、移動
多少ずれても大丈夫。だいたいの目安ですから。


画像


裏表がわかりにくい布で、わかりにくくてスミマセン
接着芯を貼るのは裏ですよ裏。

アップリケのある位置は指で段になっていて
さわるとわかるので、印をつけときます。


画像



それより一、二回りくらい大きく切った薄手の接着芯を
アイロンで貼り付けます。
(私はケチ症なので一回り。)
あ、先に切ったものを用意しといてね

画像



画像



で、表に戻して、アップリケを待ち針でとめます。


画像



接着芯を大き目にきっておけば
この時に置く向きを調整すれば大丈夫なので
接着芯を貼る作業は適当に。軽い気持ちで


で、あとは細か~いジグザグミシンを周囲にかけていきます。

画像



うちのミシンでは設定はこんな感じ。
(ふる~い家庭用ミシンです・・・)

振り幅は3mm位。縫い幅は一針分位になるように試し縫いしてみてね。

画像



外側の針位置がアップリケのはじに合うようにゆっくり縫い進めます。
縫い目が細かいので、ゆっくりすれば思ってるより簡単です。
ずれそうでもすぐ修正ききます。

急なカーブで向きを変えたい時は
アップリケの外側で針を刺して向きを変えた方が
隙間なく縫えます。

今回アップリケじたいには接着芯を貼っていないので
ほつれ防止にも目は細かく。

アップリケ自体に接着芯を貼ってあれば
目は多少粗くても大丈夫。
手縫いで味があるアップリケもいいですよね


一周してきて縫い終わりは、
縫い始めから1cmくらい重ねて返し縫いしてます。


完成

画像



はみだしたケバケバは、短く切ってね


給食ナフキンで、何度も洗ってますが
今のところ問題なしです。

長々、お付き合いありがとうございました。
自己流ですが、誰かさんの参考になれば・・・


↓ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント