スパッツ2着目*型紙補正編*

さてさて、ヘピロテスパッツは1着では足らないので2着目です。
きなこはばっちりだったので、そのままパターン通りの2分丈で。

上に体操ズボンを履くあんこ用(詳細→は1分丈はちょっと失敗だったので
1.5分丈にしてみます。(失敗に懲りてない…)

ところでパターンの丈だけ変えるときって
ベテランさんはどうしてるんでしょうね。

改めて、コピーしたり写しなおしたりって
めんどくさいし、紙ももったいないですよね。

ただ折るだけでは端の縫い代が足らなくなってしまうし。
でも、長い丈もいつか使うかもしれないし。

で、特に今回はこんな感じになってしまいました(^_^;)


画像


もはやなんの型紙なんなんだか
ワニの歯みたいになってしまいました。

もともとのシェルボタンさんのパターンも
5分丈以上は貼り合わせて使うので裾側はとっておき、
とりあえずパターン通りの2分丈は縫い代付でカット

でも短くしたかったので、1分丈(勝手におだんごが設定した線)でも縫い代を切り貼り。
(でっぱてる三角の部分ね)

縫い代の付け方は、いろんなとこにのってるので、
みんな知ってると思うので簡単に。
縫い代分を多めにとり、裾の出来上がりで折ってから、
脇の線に合わせてカットです。



で、前回作ったら股下が短すぎたので、その中間で改めて縫い代を切り貼り、、、
前後パンツの中心と脇、計4か所あるからけっこうめんどくさい。
(一から写したり、コピーした方が早いんちゃうかと思う方は、そうしましょう。)

したらこんな型紙になってしまいまして

あ、1分はもう使わないから切ってしまおう。
黄色い線の部分が短すぎたので、股下でパンツが○見えになってしまいました。

みなさんも丈を詰める時はご注意ください。
(って、こんな短くするのはおだんごだけでしょうね・・・
でも、市販の1分丈スパッツって、めっちゃ短いんだもん)


で、裁断するときは使わないところは折り曲げて布をカットしてます


これで、1.5分であろうが2分であろうが、5分以上でも使いまわしできます


ちなみに、このパターンはスカッツ用なので
ウエストは縫い代なしの切りっぱなしになってます。

スパッツ単体でつくるときは、縫い代を足さなければなりません。
(シェルボタンさんの仕様書にももちろん書いてありますよ)

ここでも切り貼りが必要になりますが
貼るときおだんごはメンディングテープを使います。

画像

(画像は時をさかのぼってます・・・)


セロハンテープみたいに、ツルツルテカテカしてないので
折り曲げれるし、上から字や線をかけるし、
貼ってすぐなら、きれいにはがせるし
時間がたっても茶色くならないので
使い勝手がいいですよ。

他のところを切った紙を継ぎ足して、

画像



ウエストベルト分+縫い代分の線をひきます。
この時点ではまだ洋裁用方眼定規をもってなかったので、
幅広の線を足すときは定規の短い辺を使って引いてました。

カーブのきついところなんかも
15センチ位の定規の短い辺を使うと小回りがきいて使いやすいですよ。
もちろん方眼目盛つきのですが、100均でも売ってます


なんか思いのほか長くなってしまったので
今日は型紙補正編というとこだけで、
活動報告おしまいにします。
(誰に報告してるのとはつっこまないで・・・)

こんな方法がいいよ~というのがありましたら
ぜひぜひ教えてくださいね。

↓応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント