アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ハンドメイドコツ」のブログ記事

みんなの「ハンドメイドコツ」ブログ


簡単ゴム通し方法〜スモック編〜

2016/06/22 05:36
だいぶ前に、ズボンを作る時のねじれないゴム通し方法をご紹介したことがありましたが、

先日作ったスモックでもやってみましたよ。

画像


この方法だとゴム通し口からゴムをいれるとき
縫い代につっかえて、なかなか進まなくてイライラすることもないです

必要サイズのゴムはあらかじめ輪にしておきます。

ギャザーたっぷりの襟で、
ゴムとの大きさはだいぶちがいますが
縫うところだけは平らになるように、
途中途中ミシンをとめて
ゴムをひっぱていけば縫えました。


最初に襟は出来上りにアイロンをしっかりかけておきます。

スタートはこんな感じ。
襟の縫い代にゴムを置きます。

画像


ゴムを一緒に縫い込まないようになるだけ折り山に近くにゴムを配置します。

始めは普通にゴムをいれながらミシンを進めていきます。

画像



画像


ゴムが輪なので、途中で進めなくなります。
そしたら後ろにあったゴムを、びよ〜んと引っ張ってきます。

画像


そしてまたまっすぐになるように縫い代にはさみます。


画像


また縫っていくとゴムを後ろからもってこれなくなります。

画像



ミシン針はずれないように落としておき、
ゴムをさらにひっぱて、ぬい終わった場所にギャザーをよせて
ゴムを引き出します。


画像


これの繰り返し。

画像


引っ張って、布をよせて、ゴムがまっすぐになるように。

画像


ゴールが見えてきました



画像


この辺まではゴムを配置したら引っ張らずとも縫えますが、
最後はどうしても布がたるんでしまうので
ゴムを引っ張りながら縫います。

画像


画像


襟のミシンとゴム通しがいっぺんに終わりました

画像


機会がありましたら、お試しあれ

↓ランキング応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

にほんブログ村
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


リボンを作るのに便利な糸☆彡

2014/08/01 05:23
あんこの帽子につけたリボン

だ〜いぶ前に買ってみたリボン糸なるものを使ってみました。


画像



その辺にあったハギレを、適当に切ったので歪んでます。
しかも、まつり縫いせず、ダダッとミシンでとじてます。
我が子用とはこんなもの


画像



で、じゃばらに折って、リボン糸なるものでぐるぐる
巻き付けたら、引っ張ったら、簡単に糸が切れます。

これだけ

画像



結ばなくてもとまります。
商品説明に書いてあったことは本当でした

画像


あとは帯をまいて縫いとめるだけ。
ここは針と糸つかいます。


画像


帽子につけたら完成

ここで何かのついでに購入したのですが、




このリボン糸、どこかでみたような糸・・・

巻きロック用のウーリー糸??

うちにあるやん
わざわざ買わなくても良かった

でも新たな使い道が発見できて良かったです。

別のお店では魔法の糸って販売してました。
かわいいリボンの作り方動画もありますよ。
こういうの見るとリボンも量産してみたくなりますよね
↓↓↓
魔法の糸の使いかた


↓ランキング応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


帽子にアイロンをかけるとき☆彡

2014/07/30 11:05
こないだの土曜日。
まあまあ遠い外出先で帽子を忘れてきてしまったあんこ

市販のキャップタイプをね。

去年かおととしに作ったハットタイプは
あんまりお気に召さないようで放置状態で、

そのもっと以前に作ったきなこのキャップを
きなこがいない時にこっそりかぶっては

「似合うよなぁ?

と、聞くあんこ。

欲しいんだろうな〜と思いつつ、

「作って!」とは言わないあんこをいいことに、

「似合う、似合う」
と生返事をしてましたが、忘れてきたのを機会に製作中

作りたいものが山ほどあるのに
いろいろ割り込んでくるんですよね〜
(市販品を買えばすむことなんですけど・・・なぜか作りたくなる・・・)


画像


表地の裏です。
クラウンの縫い代にアイロンをかけるとき、
球状だからかけずらいですよね。

まんじゅうっていうのもあるみたいですし↓





最近はアイロンミトンなんてものもあったりで↓





(ジャッキーミトン、かわいい
 ついでにジャッキーの裁縫セットもカワイイ{%ハート2webry%
・・・欲しい・・・})




話がそれてますが、どちらもおだんご家にはないので
こんな感じでアイロンしてます。


画像

なんでしょう?

ってだいたいわかりますよね



画像




画像



ゾウでした〜
熱かった??


以前は景品でもらったドラえもんのぬいぐるみが
とってもちょうど良かったのですが
プチ断捨離の時、処分してしまったので
ちょっと小さ目ですが、頑張ってもらってます。


画像



耳の裏にはなぜかシール

ままごと好きな我が子たちは
よくぬいぐるみをけが人にしては
シールやテープを貼って、手当をしてくれてます

この子はまあ器用に耳の裏を怪我したんでしょうね・・・


↓ランキング応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ねじれないゴム通し<ウエスト2本ゴム編>

2014/07/10 05:17
以前、ご紹介したねじれないウエストゴム通し。

ねじれないゴム通しのコツ。

これは幅広ゴム1本、ニット生地で成功した話でした。
今回、細ゴム2本、布帛でもできたので、紹介します。

では前ふりから。
(いらない??でもしゃべりたいの

そもそも、こんな予定ではなかったのですが
きなこが去年着ていた、オフル甚平(市販の安物)を、
あんこにパジャマ変わりに着せようとしたら、
ズボンのゴムがノビノビ

普通にゴムを交換しようと思ったら
劣化しすぎていて、ゴム表面の素材がボロボロととこぼれるわ
挙句の果てに、それが詰まってゴムが抜ききれないわ

結局、ウエスト全部ほどいて
ゴムをとり、(掃除機をかけて)、改めてゴムを入れなおすことになりました。

画像



ウエスト幅1cmに5mm幅のゴムが入ってました。
細すぎない??

元々入れ替えるつもりで、5mm幅のゴムを切ってしまったので、
ちょっと頼りないので、2本ゴムに変更。
ウエスト幅2cmにアイロンしなおしました。

画像


甚平のように直線的なパターンだからできましたけど、
カーブのきついものだと、できないことも。
でも1cm幅のウエストなんてそうそうないか

前ふり終了です

ではねじれないゴム通しのコツ。
ちなみに長い(写真が多い)のでお時間ある方だけお付き合いください


ウエストには出来上がりにしっか〜りアイロン。
そしてゴムを輪にしてミシン。

画像


上側から入れ込んで縫っていきます。

画像


待ち針しなくてもいいけど、スターとだけしてみました。
2本ゴムなので1本目のミシンはウエスト幅の中央を縫います。

画像


ゴムの入れ替え口を開けときたいので
後ろ中心から1cm手前からスタート。
ゴムを縫いこまないように、
縫う直前にゴムはなるべく奥(ウエストの折り線側)に寄せます。

画像


だんだんゴムがズボンに対して短くなってきます。

画像


縫えなくなってきたら、針を落とし、
縫い終えた方からゴムをひっぱってきて
これから縫うところはたるまないようにします。
スタートのゴムを待ち針でとめていたら
忘れずに外してくださいね。

画像


ゴムがでてきます。

画像


ゴムが短くなったら、

画像



引っ張って、平らにするの繰り返し。
いつかスタートに戻るでしょう。

後ろ中心から1cm後方で返し縫い。

画像



2本目も同じようにします。

画像



画像


ゴムが短くなったら、引っ張るの繰り返し。

画像


画像


画像



ゴム通し口も同じように縫い残して出来上がり

画像


これで、ゴム通しでねじれてる?ねじれてない?とか
脇線の縫い代に紐通しがぶつかってイライラすることもなくなります

今回はウエスト2cm幅に0.5mm幅ゴムだったので
こんな感じ。

画像


これくらい余裕があれば、わりと簡単です。
ぎりぎりだと難しいかもしれませんね。
ちなみにウエスト1周67cmに対して、ゴムは44cmでした。

ギャザースカートのようにたくさん寄せる場合は
もうちょっと大変かもしれません。
また機会があれば、挑戦してみます。


↓ランキング応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


甚平を作るときの、ちょっとした工夫?

2014/07/02 12:48
無事、きなこの甚平が出来上がりました。


画像


今日は全体的に写真が暗いけど
時間がないので修正せずにいきます


ズボンは前後がわかるように、スイカのタグ。


画像



柄にまぎれて、全然目だたない・・・


このタグはテープになってるのを切るタイプなんですけど、

隣の柄との余白が少なくて、端を織り込むのが難しいぃ

こういうとき便利なのが、この布用仮止めのり

画像


爪アイロンで折ったら折ったところにすかさず、接着。
あとは普通にミシンで縫えます

便利

いろいろな場面で使えるので
1つあると便利かも



<仮止め用>布用ペンタイプのり
Az-net手芸
縫った部分にブルーの色がつき、乾くと透明になります。お洗濯をするとのり成分はなくなります。色付きなの


楽天市場 by <仮止め用>布用ペンタイプのり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




で、甚平の工夫。
以前作ったときは、上着のヒモ4本を全部同じ柄のヒモで作りました。

すると子供はどのヒモとどのヒモを結ぶのがわからないので
一人で着られません
それでイライラの元にも。自分で作っておきながら・・・


市販の甚平は下で使うヒモはコットンテープだったりしますよね。
でも、テープはもったいないし、
どうせ布は中途半端に余るのだから、、、

画像



2本はわざと、裏側を表にしてヒモを作りました。
でも薄手Wガーゼだと、結局わかりにくかった〜

画像



きなこも初めは、間違えて結ぼうとしてました
でも説明したら、わかってくれました


工夫。これだけです。
・・・すごい期待してた人、スミマセン。
でも、これから初めて作って着せる方、参考になれば


あとは、明日の天気を気にするのみです。
予報は、、、

↓ランキング応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大きいパターンを写す時。

2014/07/01 10:42
ただいま甚平の制作中
昨日は上着が形になってきたな〜というところで
タイムアップ。

今日、明日でパンツまで作らないと間に合わないぞ〜
(なのに、また喉がイガイガしてきた

ところで、甚平のパターンって
前身頃と後ろ身頃がつながってるので
子供服でも長ーいパターンになりますよね。

大人服のパターンでもそうですが、
大きいパターンって、



よくあるこのタイプだと、長さが足らなくて
切り貼りしなくちゃいけないですよね。
で、中途半端にあまるハトロン紙の山。
節約して使おうとすると、このあまり紙をまた切り貼りすることになり、
「あ〜、もうやだっ」って、なりません??


で、ロールがいいよな〜と探してて、見つけたのがこちら。




型紙用不織布です


薄手の接着芯にノリがついてない布と言えば
わかりやすいかな?

筆記具がひっかかって、書きにくいときもありますが、

裁断の時、布の上にのせると、
なじみがよいので、ずれにくく、裁断しやすいです
紙だと、近くにウエイト置いても、紙が折れ線の影響などで
布からういて切りにくいときありません?


また、パターンの段階で体に当ててサイズ感を見るのにも
紙よりも断然不織布の方が便利です

何より、紙のガサガサ音がないのがうれしい



長ーく買っておけば、切り貼りがいらないので、ストレスフリーで写せます。

画像


ロールでなくて、たたんだ状態で買っても、
使わない部分がこんなんシワシワでもオッケー
(これはグチャグチャすぎでしょ・・・)

紙だと、使わない方もきれいに広げないと写す作業ができないですよね。

画像だと、下の線が見にくいかと疑問に思われるでしょうが
実際は問題なく見えます。


切る時はそのまま、カッティングマットを差し込んで、
ロータリーカッターでスーッと切っていきます。
薄い布なので、これも、紙より楽に切れるかな

画像



おだんごは他に買い物がなければ、こちらで買ってます。




さ、スーパーで安売り玉子をGETして
甚平つくらなくちゃ


↓ランキング応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スパッツ2着目*型紙補正編*

2014/06/17 10:06
さてさて、ヘピロテスパッツは1着では足らないので2着目です。
きなこはばっちりだったので、そのままパターン通りの2分丈で。

上に体操ズボンを履くあんこ用(詳細→は1分丈はちょっと失敗だったので
1.5分丈にしてみます。(失敗に懲りてない…)

ところでパターンの丈だけ変えるときって
ベテランさんはどうしてるんでしょうね。

改めて、コピーしたり写しなおしたりって
めんどくさいし、紙ももったいないですよね。

ただ折るだけでは端の縫い代が足らなくなってしまうし。
でも、長い丈もいつか使うかもしれないし。

で、特に今回はこんな感じになってしまいました(^_^;)


画像


もはやなんの型紙なんなんだか
ワニの歯みたいになってしまいました。

もともとのシェルボタンさんのパターンも
5分丈以上は貼り合わせて使うので裾側はとっておき、
とりあえずパターン通りの2分丈は縫い代付でカット

でも短くしたかったので、1分丈(勝手におだんごが設定した線)でも縫い代を切り貼り。
(でっぱてる三角の部分ね)

縫い代の付け方は、いろんなとこにのってるので、
みんな知ってると思うので簡単に。
縫い代分を多めにとり、裾の出来上がりで折ってから、
脇の線に合わせてカットです。



で、前回作ったら股下が短すぎたので、その中間で改めて縫い代を切り貼り、、、
前後パンツの中心と脇、計4か所あるからけっこうめんどくさい。
(一から写したり、コピーした方が早いんちゃうかと思う方は、そうしましょう。)

したらこんな型紙になってしまいまして

あ、1分はもう使わないから切ってしまおう。
黄色い線の部分が短すぎたので、股下でパンツが○見えになってしまいました。

みなさんも丈を詰める時はご注意ください。
(って、こんな短くするのはおだんごだけでしょうね・・・
でも、市販の1分丈スパッツって、めっちゃ短いんだもん)


で、裁断するときは使わないところは折り曲げて布をカットしてます


これで、1.5分であろうが2分であろうが、5分以上でも使いまわしできます


ちなみに、このパターンはスカッツ用なので
ウエストは縫い代なしの切りっぱなしになってます。

スパッツ単体でつくるときは、縫い代を足さなければなりません。
(シェルボタンさんの仕様書にももちろん書いてありますよ)

ここでも切り貼りが必要になりますが
貼るときおだんごはメンディングテープを使います。

画像

(画像は時をさかのぼってます・・・)


セロハンテープみたいに、ツルツルテカテカしてないので
折り曲げれるし、上から字や線をかけるし、
貼ってすぐなら、きれいにはがせるし
時間がたっても茶色くならないので
使い勝手がいいですよ。

他のところを切った紙を継ぎ足して、

画像



ウエストベルト分+縫い代分の線をひきます。
この時点ではまだ洋裁用方眼定規をもってなかったので、
幅広の線を足すときは定規の短い辺を使って引いてました。

カーブのきついところなんかも
15センチ位の定規の短い辺を使うと小回りがきいて使いやすいですよ。
もちろん方眼目盛つきのですが、100均でも売ってます


なんか思いのほか長くなってしまったので
今日は型紙補正編というとこだけで、
活動報告おしまいにします。
(誰に報告してるのとはつっこまないで・・・)

こんな方法がいいよ〜というのがありましたら
ぜひぜひ教えてくださいね。

↓応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ねじれないゴム通しのコツ。

2014/06/16 03:53
ハンドメイドをはじめて8年近くなるのに
スカートやパンツのゴム通しが苦手で
いつも通している最中にねじれてはイライラ。
確認して縫いとめたら、やっぱりねじれてたなんてシバシバ。


なんとな〜く、知ってたけど
難しそうと思って、チャレンジしたことなかった
ゴムを輪にしてから、ウエストを縫う方法を
今回スパッツでやってみたら、以外に簡単でした


まず、サイズに合わせてゴムを輪っかにして縫いとめます。

で、本体のウエスト部分は出来上がりに
しっかりアイロンをかけておきます。

そして、ゴムをいれて折り端をミシン。
マチ針はゴムで、ギャザーがよってしまうのでしません。
縫う前に手でアイロン跡に合わせて折ります。

画像



ゴムを縫ってしまわないように、気をつけながら・・・

画像



当然、ゴムの方が短いので
本体そのものはだぶついてきます。

画像


そしたら、ミシンの縫い終わった方に、
どんどん布をたぐりよせて
これから縫うところは、ゴムに合わせてフラットの状態にします。

画像


フラットにならなかったら、ゴムをひっぱりながら・・・

もうすぐゴール

画像


今回はニットだったので
布を縫い終わりにたぐりよせやすかったです。
布帛はどうなんだろう?また機会があれば報告しま〜す。

ちなみに今回はゴムが2cmに対して
ウエスト巾(っていうのかな?ゴムの通り道の巾のことです)は
3cmでした。あんまりぎりぎりだと、
ゴムを一緒に縫いこんでしまいそうですよね。

ウエストベルトが別布の場合でロックミシンなら
こちらにも縫い方がのってました。
ベテランさんには常識なんだろな〜

こちらの無料ニットパンツの仕様書にのってます。
http://muni-pattern.shop-pro.jp/?tid=3&mode=f10

あ、ゴムは伸ばさないで縫う方がいいってかいてある・・・



↓応援よろしくです

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


トップへ | みんなの「ハンドメイドコツ」ブログ



*生地屋さんメモ*

ニット生地屋さんメモ


手芸と生地の店 いすず


服地・布地のマツケ


生地専門店HINODEYA

アットホビー@スタイリストゴトウ


デコレクションズ


手芸材料の通信販売 シュゲール


生地の森(ファブリック・クロス)


生地と雑貨のお店 PERURU


fabric bird


コットンプラザ


プロート


布1000ネットショップ 楽天市場店




ネスホーム



カールモア50



有限会社 ナカモリ


Maruishi


手作り工房 MY mama


Pres-de

おだんごのころころハンドメイド  ハンドメイドコツのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる